1. 歴史
  2. 状況
  3. 基準
  4. マーク
  5. 委員
  6. 会員
  7. トラブル
  1. お問い合わせ
  2. プライバシーポリシー
  3. 会員向け情報

 日本国内では、1960年頃より、法人・個人による事業としてのシャボン玉の製造・販売が各地において

 スタートしました。

 

 1970年代には10数社のシャボン玉製造業者がありました。

 

 1975年に、シャボン玉製造業者・9社により全国シャボン玉安全協会が発足。

 後、シャボン玉の安全基準を自主的に決定し、現在のST基準の基礎を策定しました。

 

  以後、当協会加盟シャボン玉製造業者は、現在に至るまで、危険な材料を使用して、製造を行った事は

 一度もありません。 又、重大な事故もなく現在に至っております。

 

 1990年代より、海外で製造された安価なシャボン玉の輸入が始まりました。国内製造業者が価格競争

 に巻き込まれることになり、現在、国内メーカー7社(全国シャボン玉安全協会員が5社・協会員外2社)

 と減少しています。